月の子午線

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素材再公開

アルカナハート3のサウンド素材を再公開いたしました。
以前公開していた物は削除してしまった為、再度作り直しています。
まだ一部のみですが、いずれまた数を増やしていく予定ですので少々お待ち下さい。

ステージ公開+雑記

いつの間にか新mugen1.1が流出していたようです。
ズームに対応したという事で早速アルカナ3のステージで実験してみました。

24、32bitの画像も使用できるようになったので高解像度でも見劣りしていません。
以前RGBに分割することでフルカラーにする方法がありましたが、BGPalFx等の処理と相性が良くないところがありましたので、これでそういう心配も無くなりました。
さらに、分割する方法よりもSFFのサイズが小さくて済みました。
また、SFFの作成にはFighter Factory 3を使用させていただきました。
現在1.1形式のSFFが作成可能なGUIアプリケーションは、Fighter Factory 3のみのようです。

続いてキャラクターでの実験。

画像の透過が可能になり、ジャギってる部分を修正する作業は必要なくなりました。


こちらは元の画像の解像度が低い為、スケーリングに使われるフィルタの影響か、逆に汚く見えなくもないですね。豪血寺のキャラは従来の形式のままで作るか、あえて元の解像度を上げてキャプし直すか迷っています。
この感じだと、MBキャラは色数が上がることよりもExplodやHelperの数を減らせることの方に恩恵がありそうでしょうか。
他には8bit画像の圧縮方法にpng8が追加されていますが、従来の方式であるrle8よりも圧縮率が高かったです。

最後に、動作テストに使用したステージを1.1用として新たにGoogleドライブの方にアップロードいたしました。興味のある方は使ってみて下さい。
値の設定などまだデータ不足ですので、何かご指摘があれば教えていただけると助かります。

通常版DL
HD版DL

以下、1.1の新機能を使うに当たっての注意点です。

・mugenversionを1.1にする。
・mugen.cfgのRenderModeをOpenGLにする。
・OpenGLで正常に描画されなかった場合、SafeModeを1にする。
 それでも無理な場合は、PCスペックが足りていないかもしれないです。

素材公開

今更な感が否めませんが、今後制作される可能性が無いままにするのにはもったいないのではないかと思いまして、この度ミリオンナイツヴァーミリオンの素材を公開致しました。
それなりの反応があれば、残りのキャラの分も上げていこうかなと考えております。


7月7日更新:
ヴァージニア、コモンエフェクトとSE、シルヴィオ、フォロ、スヴェンを追加致しました。
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。